FansFans

トップ > アイテム > 海がきこえる

ファン登録するにはログインが必要です

下記のHTMLコードをコピーして、お持ちのブログでご利用ください。

■フルバージョン
アイテム画像、詳細、ファン登録ボタンのほかにレビューやコメントが表示されます

デフォルト表示:コメント レビュー

■コンパクトバージョン
アイテム画像、詳細、ファン登録ボタンのみで、レビューやコメントは表示されません

海がきこえる

東京の大学に進学した杜崎拓は、吉祥寺駅の反対側ホームにある人影を見た。中央線下り列車に姿を消したその人影は確かに武藤里伽子に見えた。だが、里伽子は高知の大学へ行ったのではなかったのか。高知へと向かう飛行機の中で、拓の思いは自然と里伽子と出会ったあの2年前の夏の日へと戻っていた。里伽子は勉強もスポーツも万能の美人。その里伽子に、親友の松野が惹かれていることを知った拓の心境は複雑だった。拓にとって里伽子は親友の片思いの相手という、ただそれだけの存在だった。それだけで終わるはずだった。高校3年のハワイの修学旅行までは・・・。


高知県土佐で青春時代を過ごした青年・拓が、帰省する飛行機の中で高校時代を回想していく。そのなかには、両親の離婚のため東京から引っ越してきた、成績・運動ともに優秀でありながらも、誰にも心を開こうとしない少女・里伽子の存在があった…。

スタジオジブリの若手スタッフが中心となって作り上げた青春TVアニメ・ムービーで、後に劇場公開。監督は『めぞん一刻 完結編』などの望月智充が担当している。作画枚数など他のジブリ作品に比べると見劣りするが、そこを逆手にとっての淡々とした味わいが、独特の好ましい雰囲気を醸し出している。また、それは現代の若者ならではの淡白さをも露呈させているような気もしてならない。氷室冴子の原作は、その後武田真治主演によるTVドラマ化もなされている。(的田也寸志)

登録タグ

みんなのタグ:

関連レビュー

レビュー登録するにはログインが必要です

まだ登録がありません
これ以上登録はありません。

コメント

コメント登録するにはログインが必要です

まだ登録がありません