FansFans

トップ > キャンペーン > アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 > ソーシャルメディア時代に見直すブログ術 &一歩踏み出すマキコミ術

ソーシャルメディア時代に見直すブログ術 &一歩踏み出すマキコミ術 ツイートする

=======================================
予定しておりました、ソーシャルメディア時代に見直すブログ術 &
一歩踏み出すマキコミ術ですが、計画停電や交通機関の混乱の影響のため、
延期となりました。実施日が決定しましたら再度ご連絡させていただきます。

=======================================

ツイッターやフェイスブックに注目が集まる昨今、一方では個人や企業の活動の中心として、ブログの重要性が高まっています。「マキコミの技術 最前線から見たソーシャルメディア・マーケティング(インプレスジャパン)」の共著者であり、人気ブロガーであるコグレマサト氏・いしたにまさき氏の2人が、自身の積み重ねた経験からのソーシャルメディア論、そしてブログ論を、ゲストを交えて語ります。

「マキコミの技術」は企業のWeb担当者であり、同時に個人としてもTwitterユーザーやブロガーである方、また個人事業者や起業家を対象にしています。

 企業としての目標と、個人としてのブロガーの興味とがクロスしたところに起こるコミュニケーションの場こそが、ソーシャルメディア・マーケティングの最前線です。企業と個人の両方の視点からのソーシャルメディアへの取り組み方について、「マキコミ」をキーワードに語ります。


■アウトライン

アジェンダ
 ・「ソーシャルメディア」の時代にブログを見直すべき理由
 ・“ギブ&ギブ”のコミュニケーション術
 ・企業担当者が考えるべきコミュニケーションのモデル
 ・ゲストの最新事例紹介を交えたトークセッション

日時
 ・3月28日(月) 19:30~21:00 開場:19:00
場所:
 デジタルハリウッド東京本校 セミナールーム(お茶の水)
 http://blog.dhw.co.jp/tokyo/

参加費用:無料


■講師
コグレマサト(@kogure
気になるモノとコトをひと回り拡張する『ネタフル』管理人。アルファブロガー2004/2006、第5回WebクリエーションアウォードWeb人ユニット賞受賞。浦和レッズサポーター。二児の父。「浦和レッズマガジン(朝日新聞出版)」で「コグレマサトのネタフル・スタジアム」連載中。
ネタフル http://netafull.net/


いしたにまさき(@masakiishitani) 
Webサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』管理人。
2002年メディア芸術祭特別賞、第5回WebクリエーションアウォードWeb人ユニット賞受賞。
2010年11月に初の単著「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である(技術評論社)」を出版。
みたいもん!
http://mitaimon.cocolog-nifty.com/
※講師プロフィールは2010年12月時点でのものです。


■ゲスト
○社団法人さいたま観光コンベンションビューロー 大和田昌宏様(@SaitamaCVB
コグレマサト氏の地元である、さいたま市の観光コンベンション事業を推進している
団体で、Twitterを活用した情報発信を模索中。ブログやツイッターを利用した、
公益団体としての取り組み方などを伺います。

○インスパイラル成城眼鏡店 春山英樹様 (http://blog.goo.ne.jp/inspiral
2006年からブログを活用している眼鏡店。「マキコミの技術」でも紹介した、
ブログを活用したさまざまな取り組みについて、また、ツイッターや
ユーストリームを利用した、新たな企画についても伺います。

■協力
 インプレス株式会社
 デジタルハリウッド株式会社
 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

キャンペーン詳細

日程 3月28日(月) 19:30~21:00 開場:19:00
応募締め切り 先着
参加費用 無料
定員 80名
場所
デジタルハリウッド東京本校 セミナールーム(お茶の水)
参加方法 先着
参加条件 参加後ブログ投稿アンケート回答

応募期間は終了しました。

アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は日本におけるカンバセーショナルマーケティングのリーディング企業です。 AMNは先進的な広告・ブログ(ブロガー)・PRなどのソリューションを通して、ブログやソーシャルメディアの運営者、読者、企業の「会話」を促進することにより、企業のメッセージを効果的に伝達・浸透させるカンバセーショナルマーケティングを展開しています。AMNは透明性と信頼感を核に、企業と顧客の新たな関係づくりに寄与すると共に、情報発信者のエンパワーメントと日本(語)ブログシーンの活性化に貢献してまいります。

ファン登録にはログインが必要です。

※【ファンになる】とは?
ファン登録を行うことで、キャンペーン開催の案内メールや、各種情報を受け取ることが可能です。